『竹中平蔵✖️ひろゆき』2022,集英社

books


Youtubeでのこの対談が元になっているみたい。

前の本で気になっていた、竹中平蔵とパソナの関係。
ひろゆきさんが平蔵さんに「お金持ちでしょ」とか、「寄付してるの?」などと詰め寄ったりするところから始まっていく。
思えば、おそらく<メディアがつくった>平蔵さんのイメージを持っていたら、聞きたくなるような質問なんだと思う。

官僚を敵にまわすと、「無能」だったり「強欲」だったりのイメージがつくられ拡散されていく、というパターンがあることは知っていたけど、平蔵さんもそれだったのか?
平蔵さんが批判する利権集団にパソナも入ってるんちゃうん?という疑問は残るものの、平蔵さんが直接言ったり書いたりすることに目を向けず、おそらく官僚発の情報を鵜呑みにしていた自分を猛省する。

平蔵さんとひろゆきさんがタッグを組んだら、確かに大きなことができるかもしれない。
けど、ひろゆきさんからしたら、博打だろうなぁ。
ひろゆきさんは、博打を打つのだろうか?
今、ひろゆきさんが乙武さんを応援しているのは、博打の現場見学か?

日本の未来を考えるため、できるだけ真っ白い心で、もう少し平蔵ウォッチをしていこうと思う。

コメント